大阪府高槻市にある【楠本書院】 一筆に想いを込めた『書』を通じて、想いを形に
経営理念の作成、オーダーメイド書の作成をはじめ、書道教室・通信講座から美しい文学を学ぶことを大切にしております

 経営理念の

 『見える化』で強い会社づくりを!


『経営理念』について
理念

1.『経営理念』は、なぜ必要なのでしょうか?

『経営理念』とは、会社の本来の目的、最高の目的を文章化したものです。 
社員にとって、目的地、つまりゴールが示されず、只永遠に走り続けるのは苦痛以外のなにものでもありません。
従って、そこには会社のリーダーである経営者の明確な意思(何のためにどこに向かうのか)が込められていることが求められます。経営者自身の価値観の表明でもありますし、未来への希望に溢れたものでもあります。
それを社員や関係者の方と共有するためにも、文章にすることはとても大切なことで、同時に社会の皆様との約束事となります。
『経営理念』は、一致団結して未来へ向かう旗印であると共に会社の背骨でもあります。

2.それを書にすることの意義は?

書は、古代から幾多の時代を経て受け継がれてきた日本の文化です。
加えて、文字やことばは言霊(ことだま)といい、単なる記号ではなく、精神のこもった生命力のあるものです。
人間の細やかな感情を毛筆という道具を自在に使いこなすことで、感情の奥にある心のヒダ、魂を表現することが出来ます。
キカイ文字では表現しきれない手書きのナマの迫力、温かさや温もりが人々の心に感動として伝わります。
人の心を元気にする力が、書にはあるのです。


なぜ、楠本書院は『経営理念』にこだわるのか

1.書道家として30年以上の経験と、代表者自らが経営者として、数多くの経営者の方と触れ合い、20年近く約1000社の経営理念作成の支援をしつつ、自らも学び続けています。

2.事業に自信を持ち、順調に進まれている方には、より推進力になるように。又、頑張っているが、方向性が定まらず迷っている方には、未来への希望につながる道筋を一緒に話し合う中で見出していければ・・・と願っています。

3・日本中の頑張っている経営者の方を一人でも多く元気にしたい、一緒に進みたい。この一念から、誰よりも経営者の気持ちがわかる書道家として『経営理念』に特化するサービスを始めました。


楠本書院の『経営理念』


          <当社の経営理念>

古代から幾多の時代を経て受け継がれてきた伝統文化に、信頼と共感をベースにした今の気持ちを加え、仲間と共に古くて新しい書を創造し、伝え、地域に(高槻<大阪<関西<日本)文化の華を咲かせたい、と思っています。

この気持ちを、目の前の出来事一つひとつに対しても持ち続け、行ないとして積み重ねることで、実りある美しい人生を生きたい!と思っています。

そこで、この経営理念を、私たちの人生理念と定めました。

自分を含む周囲の幸せの為に、自らの持ち味をどう生かしていけるのか。

心の中にある良心を基に、共に生かしあえる社会の実現に向かって精進致します。
そして、具体的な行動として、絶え間なく新しい仕事づくりに取り組み、地域の草の根経済活性の担い手となります。