大阪府高槻市にある毛筆手書きの【楠本書院】 一筆に福を祈って 
経営理念とは? ビジョンとの違いは? 経営方針との違いは? 
そしてその具体的な作り方・作成例・社内での浸透の仕方等を、文章の考案から額の作成、社員との共有まで一貫して承ります。 
心に響く経営理念のことならまずはお問い合わせください。

楠本書院 Story
楠本書院の想い
当社の特長

『経営理念』について

1.『経営理念』は、なぜ必要なのでしょうか?

『経営理念』とは、会社の本来の目的、最高の目的を文章化したものです。 
社員にとって、目的地、つまりゴールが示されず、只永遠に走り続けるのは苦痛以外のなにものでもありません。
従って、そこには会社のリーダーである経営者の明確な意思(何のためにどこに向かうのか)が込められていることが求められます。経営者自身の価値観の表明でもありますし、未来への希望に溢れたものでもあります。
それを社員や関係者の方と共有するためにも、文章にすることはとても大切なことで、同時に社会の皆様との約束事となります。
『経営理念』は、一致団結して未来へ向かう旗印であると共に会社の背骨でもあります。

理念
2.それを書にすることの意義は?

書は、古代から幾多の時代を経て受け継がれてきた日本の文化です。
加えて、文字やことばは言霊(ことだま)といい、単なる記号ではなく、精神のこもった生命力のあるものです。
人間の細やかな感情を毛筆という道具を自在に使いこなすことで、感情の奥にある心のヒダ、魂を表現することが出来ます。
キカイ文字では表現しきれない手書きのナマの迫力、温かさや温もりが人々の心に感動として伝わります。
人の心を元気にする力が、書にはあるのです。


なぜ、楠本書院は『経営理念』にこだわるのか

1.書道家として30年以上の経験と、代表者自らが経営者として、数多くの経営者の方と触れ合い、20年近く約1000社の経営理念作成の支援をしつつ、自らも学び続けています。

2.事業に自信を持ち、順調に進まれている方には、より推進力になるように。又、頑張っているが、方向性が定まらず迷っている方には、未来への希望につながる道筋を一緒に話し合う中で見出していければ・・・と願っています。

3・日本中の頑張っている経営者の方を一人でも多く元気にしたい、一緒に進みたい。この一念から、誰よりも経営者の気持ちがわかる書道家として『経営理念』に特化するサービスを始めました。








【お問合せ】
楠本書院 電話:072-683-2291

お問合せフォームはこちら
経営理念のご用命・作成の流れに関してはこちらをご覧ください。