大阪府高槻市にある毛筆手書きの【楠本書院】 一筆に福を祈って 
経営理念とは? ビジョンとの違いは? 経営方針との違いは? 
そしてその具体的な作り方・作成例・社内での浸透の仕方等を、文章の考案から額の作成、社員との共有まで一貫して承ります。 
心に響く経営理念のことならまずはお問い合わせください。

RSS

経営理念はなぜ必要なの?

カテゴリ : 経営理念
あなたの夢をつなぐ理念書道家
楠本書院 代表の楠本広子です。

 経営理念は力である。力になる。又、自らの力になるような経営理念じゃないと、つくる意味はない、と思っています。
その為にはゴールを明確にすることと、何故そこがゴールなのかが説明できることが必要です。

 お飾りのものは、所詮お飾りです。
力になる、つまり魂の入ったものと、そうじゃないものと、どう見分けるの?の疑問をもたれることでしょう。
少し、話をしてみたらすぐにわかります。質問をしてあげてください。
この言葉に込めた思いを聞かせて頂きませんか?・・と。
答え方でその人の思い、人柄が表れます。

 話が横道にそれてきましたね。本題に戻します。
「なぜ必要なのか?」です

 経営理念は、最高の目的、ゴールだと昨日書きました。
マラソンで例えますと、フルマラソンのゴールは42.195㎞です。
そのゴールが決まっているからランナーは、5㎞迄はこのペースで走ろうとか、ここで水を飲もうとか考えるわけです。
ところが、ゴールがわからずに、只指示だけ、とにかく言われた通り、5㎞全力で走れ、着いたら、又5㎞全力で走れ、その繰り返しで何処まで続くかわからない・・・

 あなたならどうですか?
目的地が分からなくって小刻みに指示だけされ永遠に走り続けられますか?
モチベーション続きますか?
苦痛以外の何ものでもありませんよね。
(テレビの刑事ドラマのワンシーンみたいです)

 ゴールが明確で (目的)
 そこへ行く道筋もわかり (方向性、方針)
 いつ迄にどこ迄走ればいいか (計画)

わかって、はじめて人は、ワクワクして自らペース配分して楽しめるのではないでしょうか?

繰り返します。

 経営理念は会社の目的。最高の目的。最後ゴールです。
それがどこなのか、その地点をまず明確にする、そして何故そこなのかもきちんと説明できることが、
リーダーとしての大きな役割ですね。
そう思いませんか?

 だから経営理念には、まず、経営者自身の熱い思いが込められていること。
そして、より多くの人に伝わるには、客観性又、筋道が通っているという論理性も求められるのです。







経営理念って何なの?

カテゴリ : 経営理念
あなたの夢をつなぐ 理念書道家
楠本書院 代表の楠本広子です。

 会社を運営(経営)していく時に、その会社は何を目指しているのかのゴール、頂上、目的を示したもの。
会社の最高の目的を文章にしたものが経営理念です。
そしてそれは、今だけのゴールではなく、30年、50年、もっと先迄つづく自社のありたい姿をイメージしたものです。

 そうすると、先づは、社長自身が、心底どんな会社にしたいのか?の熱い思いが示されていることが大切です。
次には、共に働く社員達の共感がえられること。
そして、関係者の方や一般の方が見ても違和感のないことが求められます。
何故なら、会社はお客様や世の中の人々に知られ、認められ、必要とされることによって成り立っている。
つまり、社会の公器であるからです。
そして、それは、誰がみてもわかりやすく表現されていることが必要です。

 その為に、三つの要素がいるといわれています。

一.科学性・・・世の中に対して、我社は、どんな仕事で役立っているのか、何を本業とする会社なのか?
(今だけでなく、将来を見据えて)


一.社会性・・・世の中、社会に対して、どんなかかわり方をしていきたいと思っているのか?

一.人間性・・・共に働く社員に対してのきもち。どんな社内でありたいと思っているのか?

 こう考えると、経営理念を文章にするのは中々難しいでしょう。
思いはあるんだけど、それを文章にするのはなかなか、といわれる方もたくさんいらっしゃいます。
それでついつい、どこらかに書いてあった格好のいい言葉をもってきて、組み合わせ、見栄えのいい言葉でつくられた経営理念を掲げておられる会社もお見受けします。

 いかにわかりやすく、とはいえ、そこに経営者自らの魂が入っていないと、人の心を動かすことはできません。
人の心どころか、自分の心も動かないでしょう。
 
 わかりやすく、しかも自社ならではの特長、個性も入れて・・・。

 皆さんも、一度お取引先や関係者の経営理念を見られてみたらいかがでしょう?
できたら質問してあげて下さい。
普段の日常業務のやりとりだけではない、
一歩ふみ込んだ会話ができたり、先様の目指しているものへと、話しが拡がるかも知れませんよ。
 事業理念や社是、企業目的とかいった表現をされている会社もあります。

 ちなみに、自社の経営理念をご紹介します。
(科学性)
書と和みの空間で

(人間性)
喜ばれよろこべる幸せを創造し

(社会性)
日本文化をつなぐ力となります

 ご希望の方はお声かけ下さい。
この理念の説明で30分や1時間は熱く語れます。







事務所だより

カテゴリ : 事務所だより
あなたの夢をつなぐ理念書道家
楠本書院 楠本広子です。

嬉しいお知らせです。


出産のため、昨年の夏から長期お休みしていたスタッフさんが、この度赤ちゃん連れで復帰しました。

まだまだ手がかかり、週1回ぐらいの出勤にはなりますが、ベビーサークルを準備したり、事務所を片づけたり、ワサ々・・・
おかげでかえって整理整頓にもなりました。

赤ん坊の声がするにぎやかな事務所になりそうです。
さて子守は誰がするの…? 私?・・・


  


扇子に詩を

カテゴリ : 手書きの価値
あなたの夢をつなぐ 理念書道家
楠本書院 楠本広子です

京都老舗の高級扇子に筆文字と挿し絵を書いてみました。
猛暑を乗り切る涼風が届きますように。




手作りの墨が届きました

カテゴリ : 事務所だより
あなたの夢をつなぐ理念書道家
楠本書院 楠本広子です。

先月、書の文化を訪ねる旅として、奈良へ墨づくりに出掛けました。

その時に作った『にぎり墨』が届きました。
職人さんが丹精込めて作られたやわらかい状態の墨を掌に載せて頂いて、
そっと握ります。
世界で一つだけのマイ墨、指紋まで浮き上がっています。


墨のいい香りに癒されますね。


前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ





【お問合せ】
楠本書院 電話:072-683-2291

お問合せフォームはこちら
経営理念のご用命・作成の流れに関してはこちらをご覧ください。