大阪府高槻市にある毛筆手書きの【楠本書院】 一筆に福を祈って 
経営理念とは? ビジョンとの違いは? 経営方針との違いは? 
そしてその具体的な作り方・作成例・社内での浸透の仕方等を、文章の考案から額の作成、社員との共有まで一貫して承ります。 
心に響く経営理念のことならまずはお問い合わせください。

RSS

今月の一字

カテゴリ : 今月の一文字
あなたの夢をつなぐ理念書道家
楠本書院代表の楠本廣子です。

今月の一字 「大」


「大」という字は、人が両手両足を広げて立っている姿を現しています。
筆順通りに書くと「一」書いて「人」と書きます。「一人」と書いて、「大」という字になります。

1人というと人間は所詮孤独だと感じるかもしれませんが、天から与えられた一人ひとりの命を大切に使うという風にも受け取れます。

ここで、私の大好きなエピソードをご紹介しますね。

明治の歌人、石川啄木が
「砂浜に大という字を百あまり書き、死ぬことをやめて帰り来けり」という詩を読みました。
これは、若くして故郷を離れ、職を失い、借金に追われ、失恋も重なり、いっそ死んでしまおう。と海辺に行きます。そこで砂浜に「大」という字を百個以上書きました。書いているうちに「大きな人間になれ 大きな人間になれ」と自分が励まされ、気を取り直して家路についた時の心境をうたったものです。

このエピソードを思うたびに、「文字には人の心を動かす力がある」と私自身が励まされますし、心のこもった筆文字で周りの人を少しでも力づけたいと改めて思います。

今日は、7月3日、72歳の誕生日に、大好きな「大」という一筆に福を祈って・・・




2020-07-03 09:54:41 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください






【お問合せ】
楠本書院 電話:072-683-2291

お問合せフォームはこちら
経営理念のご用命・作成の流れに関してはこちらをご覧ください。